クレジットカードを上手に使うといつもの生活がお得に

docomoのスマホを持っているならdカードGOLDがお勧めで、持っていれば年会費以上のメリットを受けられます。年会費は1万円掛かりますが、スマホ料金やドコモ光の料金の10%もポイント還元されるので年会費分は戻ってきます。更にdカードケータイ補償としてスマホを購入して3年間は最大10万円の補償をしてくれます。ケータイ補償はスマホ購入時に入る方が多いですが年間で4~5000円は掛かりますので、カードを持っているだけで補償されるのであればその分お得になります。更にdカードはiDやdポイントとも連携していますので、加盟店で使えばその分ポイントが貯まりますし、最近ではコンビニやドラッグストアだけでなく飲食店にも広まっています。ポイントが貯まる場所、またポイントを使う場所が増えているので、日常生活でかなり活躍します。

クレジットカードの付帯サービスの海外旅行保険

クレジットカードにはさまざまな付帯サービスがついています。クレジットカードを選ぶ際には、付帯サービスがたくさんありますが、海外旅行に出かける機会があるなら、付帯サービスに海外旅行保険が付いているものを選ぶことがおすすめです。それはなぜかというと、付帯サービスが付いていると海外旅行保険に新たに加入する必要がありません。さらにこの二打サービスは無料になりますので、かなりの金額がお得になります。海外旅行保険はプランにもよりますが加入するとなると金額が高くなります。付帯サービスの場合、払い戻しされる保険料はそれほど大きくはありませんが、事故や怪我、病気など、さまざまなケースに払い戻ししてもらえるので、おすすめです。

楽天カードはポイントがどんどん貯まる

楽天カードを使っています。楽天カードを使用するようになってから、ネットでの買い物がラクになりました。今まではクレジットカードを持っていなかったので、支払いは銀行振込か代引きだったので、手数料がかかったり面倒なことも多かったのですがクレジットカードならスムーズに支払いが終わるので助かっています。楽天カードは審査もクレジットカードの中では簡単だと思います。自営業の私も問題なく一度で通りました。また、ポイントが貯まりやすいのもこのカードの特徴です。入会した時は勿論のこと、買い物をする度にポイントがどんどん貯まっていくのでそのポイント分だけで、新たな買い物が出来る感じです。楽天カードを持ってから生活が楽しくなりました。

ほとんどの支払いを一つのカードにまとめています。

携帯電話会社が発行しているクレジットカードを使用しています。自分だけでなく、妻も家族カードを使用しています。家計費の中で毎月引き落としされる光熱費などすべてをこのカードにて決済しています。また、通販を含めての買い物や、旅行に行った際の宿代など、ある程度(だいたい5000円)の金額を超えた場合は必ずこのカードで決済をしています。そうすることで、100円につき1ポイント(1%)が付き、それを次月の支払いに充当することができることに、魅力を感じています。もちろん年会費はかからないし、国際ブランドのカードですのでどこでも使用できます。正直付帯のサービスはあまりなく、利用することも無いですが、ただ、キャンペーンなどでポイントが増えたりする店舗があったり、抽選でポイントがバックされるものなどがあるので良いかなと思っています。

ポイントがたまりやすいカードだと思います。

日頃、AUクレジット―カードを利用しています。光熱費などの毎月決まって引き落とされるものの中で、クレジットカード対応できるものは全てこのカードにて支払いをしています。また、ある程度の金額のいく買い物(ネット通販も含めて)でも、もちろん家族全員の通信費も、このカードにて引き落としをしています。利用金額に応じてポイントがたまり、そのポイントをクレジットカード支払いの1ポイント=1円で充当できることに魅力を感じています。また、キャンペーンなどで、通常より多くポイントがたまる通販や利用方法があったり、抽選でポイントがあたる企画があったりするのも魅力です。年会費も無料ですし家族カードも作れます。特別付帯サービスですごく良いものはありませんが、そもそもクレジット―カードの付帯サービスを使うこともめったに無いと感じています。

公共料金をクレジットカードで安心利用

日本人は現金主義と言われます。特に、一定の年代以上の人や、借金に対して悪印象が非常に強い人には、クレジットカードは悪、という印象すらあるかもしれません。ですが、利用法を工夫すれば、危険を避けて安全にお得利用ができます。たとえば、公共料金の支払いを全部クレジットカードで行う、といったものです。一定額を支払うと、一定ポイントがもらえるというクレジットカードも多いのです。自動引き落としに設定しているとしたら、クレジットカードだろうと、口座からの引き落としだろうと意味合いはほとんど変わりません。年間利用料金がゼロのクレジットカードを使えば、支払い額がまったく変わらないまま、ただポイントがちょっとずつ貯まるのはお得です。危機感がある人は、ショッピング利用などをすることに対するものですので、利用法を考えれば安心です。

クレジットカードの選び方について

クレジットカードを選ぶ際に、年会費の有無で選ぶ方はとても多いです。確かに年会費が無料のクレジットカードはとても魅力的となっています。しかし、そのほかにも、さまざまな要素でクレジットカードは選ぶ必要があります。たとえば、普段のショッピング、公共料金などの引き落としで利用をするのであれば、「ポイントの還元率」で決めるということもおすすめです。ポイントの還元率が高ければ、それだけポイントをたくさん貯めることが出来ますので、お得になるということになります。また、普段よく使うお店などのクレジットカードを作るというのもおすすめです。たとえば、イオンをよく利用するのであればイオンカードがおすすめですし、アマゾンならばアマゾンクレジットカードがおすすめです。

ポイントがたまりやすくて便利

私は楽天カードを利用していますが、ポイントがすぐ貯まるので気に入っています。買い物するときのポイントも2倍以上が当たり前だし、日々の支払いも楽天カードにしているのですぐにポイントが貯まります。年会費もかからずに使用できるところもいいです。カードを作成する時の審査もすぐに結果が送られてきたので安心しました。また、楽天で買い物をすることが多いのですが楽天は品揃えがとても豊富なのでどこのネットショップよりも安くたくさんの商品を見つけることができます。買い物をしてポイントが貯まって、それを使ってとてもお得に日々の生活を送れるようになりました。様々なキャンペーンを日々やっていて見逃せないので、これからもお得にカードを使っていこうと思います。

クレジットカードについての体験談

JFRカード(大丸・松坂屋)のクレジットカードは百貨店で開催している入会キャンペーンの時に入ると年会費は1年間無料なのと金券を貰えるので、大丸友の会が満期になったら入会してました。友の会の金券は現金と同じ扱いなので、現金か金券で支払ってクレジットカードを見せるだけで、ポイントが多く増えるし、優待割引がある時もあります。それだけでなく、期間限定のイベントがあり、優待のクーポンも色々あって大丸に行く度に楽しかったです。さくらパンダ柄のカードを持てるので嬉しかったですし、入会時の対応も今思うと親切で、後日審査はかかりますが、入会手続きはその場でパソコン対応してくれるのでとても楽でした。2019年3月で友の会との併用制度が終わってしまうのが少々残念です。年会費はクレジットカードとして1回以上使うと2年目も無料になります。今は退会して、dクレジットカードの会員です。dカードは家族がドコモを使っている人なら、dポイントが増えやすくなるのでかなりお得です。最近はdポイントが楽天ポイント並みに使える所が増えてきてる印象があります。楽天カードも持っていましたが、対応があまり好みではなかったので、退会する予定です。クレジットカードは良くも悪くも日々進化して制度が変わってきているので、自分のよく使うお店を基準にある程度、知識を持ってた方がいいかもしれませんね。

ポイントは気付かない内に…

インターネット通販の決済用などに年会費無料のクレジットカードを使っています。こちらは月間の使用金額に応じてポイントがたまっていき、商品券への交換や月々の引き落としへの充当に使えます。私は毎月使っている額が少ないため、ポイントの存在は知っていてもそこまで溜まっていないだろうと気にしていませんでした。しかしカードを使い始めて2年ほど経った頃、請求額を確認しようとしてクレジットカード会社のWebサイトを開いた際、クリックする箇所を間違えて請求額ではなく現在溜まっているポイントが載っているページを開いてしまいました。チリも積もれば山となる。なんと、2万ポイントほど溜まっていました!運のいいことに一部ポイントが消滅寸前だったため、慌てて商品券と引き換えました。それ以来、たかがポイントされどポイントと思い、請求額を確認する際ポイントもチェックするようになりました。しかしマメにチェックすると、なかなか増えない数字に今度はヤキモキするんですけどね(笑)