クレジットカードはメインカード選びが大事

わたしが就職後初めて作ったクレジットカードは会社で半強制的に作ったものです。もともとカードは使いすぎるんじゃないかとか、少し怖いイメージがありました。でも作ったからにはとことん利用してやろうと思いました。まず年会費を無料にしたい。タダにするには、携帯料金をクレジット払いにするか、公共料金を払うか、年間12万円以上買い物に使うかとあったので、確実な携帯料金にしました。そして普段の生活で使えるところはとことん使う。ネットではもちろん、コンビニでの昼食代、普段のスーパーでの買い物、ガソリン代、ショッピングモール。結構使おうと思えば使える場所が沢山ありました。こうすると勿論ポイントがどんどんたまります。それと同時に、クレジットカードのポイントランクが上がるので、使えば使うほどポイントが2倍、3倍となって、たまりやすくなります。たまったポイントは商品券にチェンジして、好きなものを買っています。クレジットカードの利点に、現金を持ち歩かなくていいというものがあります。本当にATMに行く回数が減りました。これ、私には結構大きいポイントでした。必要なものはカードで買って、支払いは給料振り込み口座から勝手に引き落としてもらえるので、ほんと現金いりません。調子にのって使いすぎると後が怖いので、一か月の予算は気にして買い物するようにはしています。クレジットカードを何枚も持っていて、ちょこちょこいろんなカードを使っていると、損をする気がします。ポイントもたまりにくくなるし、引き落としが何回もあるのって結構恐怖です。メインカードを1枚決めて、どうしても欲しい機能がついているカードをサブにする、というのが一番理想のカード遣いなのではないかと思います。